ギャッベを購入する際に注意したい点についてお伝えします

近年、インテリアにこだわる方が注目しているギャッベという言葉をご存知でしょうか。ギャッベを全く聞き慣れない方や、その言葉は聞いたことがあるけれど、どういうものなのか詳しくは知らないという方もおられるでしょう。まず簡単にご説明しますと、ギャッベとはペルシャの言葉で毛が長くフカフカした絨毯のことを指します。羊の毛で出来ており、ざっくりと粗目に織られた見た目が特徴です。また、遊牧民による手織りで作られており、遊牧民族特有の、山岳地帯の各所で生活するスタイルの中で元々ベッドとして利用する為に織られていました。手織りの為粗目で、また厚みがあって重いことから今までは多く出回っていませんでしたが、民族の伝統的な模様や草木染めされた暖かい色合いから、人気が出てきているのです。

購入前に知っておきたいラグや絨毯との違いとは?

では、現在注目されているギャッベですが、他の絨毯やラグと比べるとどのような特徴があるのでしょうか。購入を検討する際に知っておきたいポイントをご紹介します。まず、例外はありますが、ほとんどのものが天然のウールを利用した自然の染料を使って染めたものなので、お肌が過敏な体質の方も安心ということです。また、毛は長いですが汚れが付きにくく、日常の手入れは掃除機をかけるだけで良いという点が挙げられます。厚みがあってとても丈夫で長持ちしますし、湿度の調整力に優れた素材ですから夏でも快適に過ごすことが出来るのです。もちろん、冬は高い保温効果でとても暖かく、床暖房と併用することもおすすめします。このような特徴を持ったギャッベには、非常に様々な種類の模様があるのです。次は、選ぶ楽しみをご紹介します。

模様の種類と意味を知ってお気に入りを探しましょう

ここまで幾つかギャッベの持つ特徴をご紹介しましたが、他には独特の模様を持つことがあります。手織りで作られるモチーフですから、遊牧民の暮らしに身近なものが使われているのです。木や動物、人は豊かな生活や健康を願ったもの、大切な水を表現したモチーフや魔除けの意味を持つものもあり、どれも大切な意味が込められています。そこに優しい色合いが加わり、暖かい雰囲気を醸し出すのです。模様には非常に多くの種類がありますから、購入するギャッベを選ぶ際には迷ってしまうことでしょう。大きさや用途である程は絞り込めますが、カラーだけで考えてもお部屋のインテリアに馴染むもの、逆に目立つカラーでアクセントとして印象に残るもの、などご希望によって多くの中から選ぶ楽しみが出来てきます。お気に入りの一枚を探しだせると良いでしょう。