Search Posts

素敵な観葉植物を贈ってお祝いしたい

素敵な観葉植物を、大切な人には贈ってお祝いしたいと考えたときに、癒しを与えてくれる観葉植物は喜ばれるものです。普通の庭木や切花を贈るよりも、手入れもしやすい観葉植物は喜ばれる割合が高いですし、そこにあるだけで人間を癒してくれるのも素晴らしいとことです。室内でいつもグリーンを目にすることができますし、手入れが楽な上に年間を通して青々した葉をイキイキとさせているので、人間のほうが元気をもらうことになります。好みの種類やデザインもあるでしょうが、プレゼントをした相手の笑顔を想像すると、何を選べばいいかが見えやすくなってきます。幸運も一緒にプレゼントをするつもりで、相手のことを考えながら選ぶのは楽しいものです。迷うならば人気の種類をチョイスしてみましょう。

望みを叶える木のフィカス・ベンガレンシス

素敵な観葉植物を贈ってお祝いしたいとひらめいたら、フィカス・ベンガレンシスをギフトにするのもありです。ヒンドゥー神話の中にも登場をする植物であり、望みを叶える木と呼ばれていますので、希望の光のあるイメージでよいでしょう。インドの国では、永遠の命を表すとも信じられている、まさに神聖なる木のひとつでもあります。ですから実際に、寺院などにも植植えていることもあります。幹にはグレーがかった色合いがあり、柔らかい色彩の葉の色は美しく、そのコントラストの調和も良いものです。知的な華やかさがあるフィカス・ベンガレンシスは、良い意味での落ち着きがありますので、インテリア的にも空間を選ばずに、その場所を優雅なものとしてくれます。幸運な由来もありますので、そのメッセージと一緒にギフトにできます。

ハートの葉が印象的なフィカス・ウンベラータ

素敵な観葉植物を、相手が喜ぶ顔を思い浮かべて選ぶなら、贈ってお祝いしたい時には、フィカス・ウンベラータもトップ人気です。ハイセンスなインテリアグリーンの代表格であるフィカス・ウンベラータは、ハート型の葉がとてもキュートです。インテリアショップや雑貨屋にも定番の種類ですし、テレビドラマのインテリアにも使われるのは、フィカス・ウンベラータはハイグレードな生活をイメージさせるためです。移り変わりの激しい日本の気候風土にもなじみが良いので、室内で育てやすいもの魅力的な部分です。青々とした大きな葉を付けるこの植物の花言葉は、すこやかであったり、永久の幸せという意味合いもあります。それに夫婦愛という言葉もあるので、素敵で幸せな家庭を象徴するような印象です。