【4つのメリット】習慣の力(はじめるべき4つの理由)

HABIT What's habit

【4つのメリット】習慣の力(メリット4つを紹介)

誰でも、一度は、筋トレ、ダイエット、勉強など、何かを習慣的に継続してやってみようと思ったことがあるのではないでしょうか。

”習慣に興味を持ったことがある人”や”これまで何かの習慣化にチャレンジしたけど失敗したことがある人”は次のような疑問を抱いたことはないでしょうか。

  • そもそも何かを習慣化することで良いことはあるの??
  • なぜ、習慣づけが必要なの??

そんな、疑問をもたれた方向けに、習慣化のメリット、デメリットについて紹介したいと思います。

本記事を読むことによって、習慣とは、どういうものなのかがわかります

習慣をまだ実践したことがない人や、これからはじめてみたいと思っている人でも、参考にできるように、メリットとデメリットの2つ分けて紹介します。

あわせて、習慣化のメリット、デメリットをふまえて、ぜひ、習慣化を始めてほしい人、ぜひ、習慣化をお勧めしたい人がどのような人なのかを紹介します。

習慣化することのメリットがわかる。

習慣化することのデメリットがわかる。

こんな方に習慣化はおススメです!

本記事の構成

  • メリット①労力を使わずに行動できる
  • メリット②夢や目標が実現する
  • メリット③自分に自信を持てる
  • メリット④新たな習慣を身につけたくなる
  • デメリット①感情を感じなくなるため、嬉しさや喜びを感じなくなる。
  • デメリット②身についた習慣は、やめづらくなる。
  • こんな方に習慣化はお勧めです。(習慣化を始めてほしい人、習慣化をお勧めしたい人)

この記事を書いている私は、国家公務員として18年間働き、家庭教師を7年ほどしています。

その中で、心理学、発達心理学、催眠療法、マインド、メンタルヘルス、認知科学などにかんする本を読み、実践してきました。

その経験から、毎日の習慣によって、結果が大きく左右することがわかり、それ以来、”続けることを第一優先とした習慣づくり”に取り組んでいます。

これらの経験をもとに、この記事を書いています。

メリット①労力を使わずに行動できる

何かを習慣にできると、”○○することが当たり前”の状態になるので、労力を使わずに行動することができます。

日常の、トイレに行ったり、歯磨きで、つかれたと思う人は、いないでしょう。

これらの行動のように、習慣は、はじめのうち面倒くさいと感じたり、やりたくないと思いますが、続けるうちに、当たり前になります。

当たり前という言葉のとおり、それをおこなうために意思や思考は必要としません。

つまり、習慣になった行動は、どんなことでも、労力を使うことなくできるようになります。

メリット②夢や目標が実現する


どんなことでも続けることで成果(結果)がでます。

以前、家庭教師として担当した中学1年生の生徒さんは、定期テストで数学、英語の点数が6点と8点でした。

毎日、1教科2分くらいの勉強(数学は2問、英語は音読)を定期テストまで2ヶ月続けました。

その結果、両方とも70点超えを達成することができました。

また、私自身、筋トレが大嫌いだったのですが、腕立て伏せを1日5回からはじめてみました。

数か月で、鏡で見る自分の身体が明らかに大きくなっていることがわかるようになりました。

そして、半年くらいで、周りの人からも、なんか運動しているの?と声をかけられるようになりました。

これら、勉強、筋トレと同じように、毎日続けることで必ず成果が出てきます

メリット③自分に自信を持てる ※筋トレと鏡


定期テストでの結果や、筋トレの成果のように、自分が目標を決めて行動したことで成果がでると、自分に自信を持てるようになります。

習慣とは、毎日の行動の積み重ねであるため、行動をとおして、”努力”も同じように積み重なっていきます

このように習慣によって得られる自信は、行動を続けたという忍耐力(継続力)に支えられるため、自分の中で揺るぎないものとなります。

メリット④新たな習慣を身につけたくなる

習慣になった行動が成果につながることで得た、大きな自信は、より大きな目標に挑戦しようとするきっかけになることがあります。

たとえば、英語の資格試験です。

英語検定4級に合格したから、次は3級合格を目指すという具合に、ステップアップをうながしてくれます。

このステップアップが続くと、つねに何か新しいことに挑戦しようというマインドになりやすいため、変化を好み、自己成長できるようになります。

デメリット①感情を感じなくなるため、嬉しさや喜びを感じなくなる。

”メリット①労力を使わずに行動できる”で触れたように、習慣化は、続けるうちに当たり前になり、それを行うために意思や思考は必要としません。

意思や思考を必要としないということは、感情を感じなくなるということです。

だからこそ、労力や苦労を感じることなく、続けることができるのですが、その一方で、嬉しさや喜びというプラスの感情も感じなくなります

筋トレや勉強をしていても、面白みを感じなくなるため、行動そのものから充実感を得ることが難しくなってしまいます。

デメリット②身についた習慣は、やめづらくなる。

習慣になると、当たり前に行動してしまうため、やめようと思っても、なかなかやめることが出来なくなります

たとえば、スマホです。

電車に乗ったら、とりあえずスマホを見る。

寝る前にベッドに入って、気がついたらスマホを見ていた。このような経験は誰でもあるのではないでしょうか。

この”とりあえず”、または”気がついたら”は、スマホを見るということが習慣になっている証拠です。

気がつくと30分以上もスマホを見続けてしまっていて、焦って早く寝ようとしたことがある方もいると思います。

このように、一度身についた習慣は、いつの間にか無意識に行動してしまうため、やめようと思ってもなかなかやめることができなくなってしまいます

こんな方に習慣化はお勧めです。(習慣化を始めてほしい人、習慣化をお勧めした人)

ここまで、習慣化のメリット、デメリットを紹介してきました。

では、これらをふまえて、習慣を始めてほしい人、ぜひ、習慣をお勧めしたい人とは、どういう人なのかを紹介します。

私がおすすめするのは、当たり前ですが、”理想を持っていて、それを実現したい人”です。理想・目標・目的が何よりも大切です。

たとえば、

①健康でいつまでも若々しくいるために、早寝早起きなど、健康になるような行動を習慣にする。

②いつまでもスタイルよく綺麗でカッコよくいるために、ダイエット、や筋トレを習慣にする。といった具合です。

筋トレは、労力を使うので、はじめは、どうしても嫌なものです。

しかし、習慣にしてしまえば、労力を感じることなく継続的に続けることができます(メリット①)。

また、見た目が変わるので、鏡を見るたびに成果を感じることができます(メリット②)。

これは、筋トレという行動自体は飽きて(デメリット①)しまっていても、結果を見ることで喜びを感じることができます。

そして、成果を感じることで、自分に自信を持つことができます(メリット③)。

その結果、新たな筋トレをはじめたくなります(メリット④)。

このように、スタイルよくカッコよくいるという目標に向かって、次から次へと自らステップアップし、成長することができるようになります。

これが、理想・目標・目的が何よりも大切だという大きな理由のひとつです。

また、身についた習慣はやめづらい(デメリット②)のですが、理想の自分になるためには、やめれなくなる方が、理想に近づくことができます。

いかがだったでしょうか?

健康、スタイルに限らず、美容や勉強など、何か、自分のなりたい理想・目標・目的がある方は、ぜひ、習慣化にチャレンジしてみてください。